上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうも、太郎です。

最近、いろいろとやることが多過ぎて
かなりの忙しさなんですけど、

そんな中でも、まじめに調査してますよ!

調査と言えば、僕の中では”川口探検隊”しか出てこない
んですけど、どうでもいいですよね?

と言うか、”川口探検隊”知っているってU-50とか?
U-50サッカー日本代表とかあったらウケるし

「U-22日本代表について調べる」でしたね。
前回1993年生まれって書いたような書いてないような
書いていたら済みません、1994年生まれの間違いです。

次のリオオリンピック代表の中心となる世代。
鹿島アントラーズ植田選手などが有力です。


ってな事で、お待たせしました。
1994年生まれ選手の代表歴を調べて一覧表にしてみました。

してみたんですけど、経歴欄(所属チーム)をつけ足したら
なかなか味わい深いデータが取れましたので
これを見て頂きたいなと

プロになれた人はこちら
プロになれなかった人はこちら

ご覧頂けましたでしょうか?
どんな感想を持たれましたか?

サンプルとして調べた選手数:105名
内訳として
高校卒業時プロになれた選手:56名
高校卒業時プロになれない選手:49名

なおこの”プロ”の基準はJ1チームに入団出来たか
を基本にしています。
”コンサドーレ札幌””ヴェルディ”はいまJ2ですかね?
他にもあるかもしれないですけど、面倒なので入れときました。
たまたまなのか知らないけど、
1994年代ではやたらとユースから昇格組が多かったので

細かいこと気にする人は見ないで下さい。

そして、このデータから見出すべき要素は何かと言うと

「プロ選手になれた選手はどういう経歴か?」
つまり、プロ選手になるのに必要なことを見つけることです。

よろしいでしょうか? それでは行きましょうか

僕がこれらのリストを見て、見つけた法則

① 「日本代表に選ばれないレベルではプロは無理」 

日本代表経験者を約100名リストにしてみた結果
プロになれる率はおよそ50%です。

プロになった選手のほとんどが何らかの日本代表
経験しています。

日本代表に選ばれないとプロになれない」
とは言ってませんからね。
データとしてその傾向が高いと言っているだけです。

ついでに言うと、日本代表ってどういう選手が選ばれるのか
については全く考慮してません。

それではなぜこんな傾向が出てくるのか?
について考察してみると

最初に思いついたのは、

そもそも、サッカー協会もJのチームもそんなに
隅から隅まで見てないんじゃないのか?説です。

大体目星をつけておいて、順調に育てばOK
途中で脱落したら代わりを探す
掘り出し物をいっつも探している感じはしません。

もしかしたら、日本代表経験がプロになる最低条件
に設定されているとか
サッカー協会からのお墨付きもらいました」
的な・・・

そんな訳ないか

こんな事ではいけないと、
真剣に考えた末でた僕の仮説は・・・


その②に続きます。
スポンサーサイト

【2015/02/08 22:13】 | サッカー鑑定団
【タグ】 サッカー  日本代表  リオオリンピック  J下部    鹿島アントラーズ  植田  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。