上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは、minです。
太郎さんとTOWAさんが色々面白い事を調べてくれていますので、
私は別の角度からぶった切っていこうかなと思っています。

このブログを見ているかたは、
お子さんのために
色々サッカーの研究をされていらっしゃる親御さんも多いと思います。
もしくは、自分自身がサッカーをやっていて、
それでここに辿り着いたかたもいらっしゃると思います。

では、ここで質問です。

あなた(またはお子さん)がわくわくするサッカーって
どんなサッカーですか?



わくわくするサッカー=自分がやってみたいサッカー
ともいえますね。

実は、人ってわくわくしながらやっている時が一番パワーがでるんですよね。
勉強にしたって、他の物にしたって、そうですよね。
嫌々やっているものってなかなか身につかない。

でも、好きでやっているものって、
やっている時間も忘れるくらい一生懸命になれるし、
ちょっとしたつまづきも気にしない。
だって、やっているだけで楽しいんだもん。
だから壁があっても乗り越えちゃう。

わくわくするからやりたくてしょうがない。
自分がわくわくするサッカーを楽しみたいからこそ、
苦手な部分も練習するわけですよね。

この「わくわく」が実際にパワーがでることは、
簡単に体験してもらうことができちゃいます。
それはまたの機会に詳しく書きたいと思います。


じゃあ、わくわくしながら練習も試合もできて、
それで今持っているパワーが全開で出せたら凄いと思いませんか?

そして大事なのは、わくわくする事って、
人によって違うと言う事。
もしかして、親が思っている「わくわく」と、
お子さんが「わくわく」することは実は違っているかもしれませんよ。

そして、一度確かめてみてください。


あなた(またはお子さん)は、
わくわくしながら練習や試合をしていますか?







スポンサーサイト

【2015/01/19 10:05】 | 未分類
【タグ】 サッカー  わくわく  育成  方法  
トラックバック(0) |
明けましておめでとうございます。

TOWAです。


正月休みも終わり、
氣が付けば2015年も1週間を過ぎようとしています。

「今年は○○するぞ!」

なんて掲げた目標も、
既に三日坊主という厄介な奴に打ち消されている頃だと思いますが、いかがお過ごしでしょうか?(笑)


「三日坊主なのはお前だけだろ!一緒にするな!」

なんてね、
言われてしまいそうですが、


実はその通りです。(汗)

甘いものを控えるつもりでしたが、チョコレートを食べてしまいました。
お年賀で頂いたので、ついついあま~い誘惑にあっさり負けてしまいました。(汗)

最近太ってきたし、それなりにいい年こいたオッサンなんでね、健康も考えて甘いものはやめようと思っていたのに。。。反省です。


と、

まあ毎年のことだから仕方ありません。(笑)
ちょっと太ったからって、毎年増量したからって、大好きなチョコレートはやめられませんから!

いい~んです。(開き直り(笑))


で、

それよりも、
毎年のことと言うと、

やっぱり全国高校サッカー選手権です。

もう既に、準決勝のカードが決まり、

流通経済大柏vs前橋育英
日大藤沢vs星稜

のベスト4が出揃いました。

どちらも目の離せない一戦となりました。

7年ぶりの優勝を目指す4回目の出場の流通経済大柏。

そして悲願の日本一を目指す前橋育英が、過去4度阻まれている鬼門の準決勝を勝ち抜け優勝するのか。


初の4強入りを果たした日大藤沢が、静岡学園との激闘から勢いに乗って決勝の舞台に立つのか。

そして対する星稜は、前回大会準優勝の悔しさと意地を見せ、「蹴都移転」初の王者になるのか。

本当に楽しみです。


どこが優勝しても、
第93回大会とはいえ、埼玉スタジアム2002での初代王者です。

新たな歴史に名を刻んで欲しいところです。



ということで、

スクール鑑定団の仕事初めです。

どんどん発信していきますんでよろしくお願いします。

で、
本年一発目は、
大人のための1DAYフットサルスクールです。

なんと今回は、私が生徒となって参加してきました。(笑)

普段は、少年少女のサッカークラブの指導者として教える立場にいるのですが、
教わる側の立場も知っておかないと、良い指導なり鑑定なりも出来ないと思い行ってきました。

スクール自体は、ビギナー、エンジョイ系の感じだったのだけど、
5年程前に指導者資格を取得するため以来、久しぶりに大人になって指導を受けてきました。

もうね、
本当にオッサンなんでね、基礎練習とかってもうしないじゃないですか。
だけど、しっかりやってきました。


例えば、

対面パス
パス&ゴー
スクウェアーパス
ダイレクトパス
ワンツーパス
ダイレクトシュート

ボールタッチ
フェイント
コーンドリブル
1対1
ドリブルシュート

こんなことをチョー久しぶりにやりましたよ!

だいたい趣味でサッカーやるときは、アップして即試合ですよ。

だから新鮮でしたね!
練習するのも良いな、楽しいなって心から思いましたよ。

自分のプレースタイルなんかマンネリ化してますからね~。
普段やらない技の練習をするとテンションが上がります。

そういった意味でも、
今回は1DAY であったけれども、スクールに参加するのはありだなと感じました。

ただね、
やっぱり問題は、大人も子供もどちらにも関わらず、

1DAYだけで終わらないこと

をなかなか意識できないこと。

せっかく良いトレーニングができたのに、それで満足してしまうことが大問題だと改めて思いました。


それと、
もう一つ練習をしていて思ったのは、

やっぱりボールにできるだけ触れていたいという気持ち。

試合になれば、当たり前のようにボールに触れる時間が短くなります。
だからこそ練習では、できるだけボールに触れていたいと思いました。

そういった点で捉えると、
今、鑑定しようとしているクーバー コーチング サッカースクール
のコーチングスタイルは、なかなか良いものなのかもしれない。

そんな風に改めて感じました。

別に鑑定といっても、粗を探している訳ではないのだけれど、
今のところクーバー コーチング サッカースクールGOODです。


ということで、
正月休みも終わったので、スパイ活動?再開してきます。(笑)


そうそう、

1DAYスクールを1DAYで終わらせないために、
私自身大きな目標なんてないけど、トレーニング続けまっせ!
三日坊主にならないように。(笑)


ではでは。



【2015/01/07 00:31】 | サッカー鑑定団
【タグ】 クーバー  サッカー  フットサル  スクール  全国高校サッカー  
トラックバック(0) |
どうも、太郎です。

明けましておめでとうございます。

って、年が明けたらとりあえずおめでとうって
いいますけど、何がめでたいんですかね?

まあ、いいか。

一応新年を迎えたって事で、
心機一転新しいテーマについて書きだそうかなと

そのテーマが何かって言うと、

「Jの下部組織に入るとプロになれるのか?」
これについて鑑定していこうではないかと考えまして

では実際に、プロになれた選手たちつまり、
Jのトップチームに入れた選手のなかで
実際に下部組織から順調に昇格を果たして
無事プロとして契約している選手は
どれだけいるんだろう?

みたいな疑問がフツフツを湧いてきまして
ちょっと調べてみようかと

ただし、これを全部調べるってどうなんでしょうかね?
可能なのか?
よくわかりませんけど、

とりあえず、どこかの年代に集中して調べてみようかなと
考えました。

それで、思いついたのが、現在U-22年代にしようかなと
1993年辺り生まれの世代です。

中心選手としては、
ヤングボーイズ  久保裕也
湘南ベルマーレ  遠藤 航
鹿島アントラーズ 植田直通 などです。
あと、下の世代からですけど
セレッソ大阪?の南野拓実も選ばれています。

この年代を選んだ理由は、2つ

一つ目は、データをさかのぼっていたらこの年代ぐらいから
詳しいデータが残っていたから

もう一つは、4年後のワールドカップの中心選手になっている世代
だからです。

さらに言うと、
サンフレッチェ広島から野津田岳人選手と浅野拓磨選手が
選ばれているからっていうのも理由です。

この二人、対照的な経歴なんです。

野津田岳人選手は、ジュニアユースからサンフレッチェ一筋で昇格
対する
浅野拓磨選手は、四日市中央工業で活躍してサンフレッチェに入団

この二人を小学生時代から調べてみるだけでも
いわゆるプロサッカー選手になる道っていろいろあるんだって
わかる予感がしました。

何が出るのか全く予想がつきません。
個人的にはかなり楽しみにしています。

それでは、次回から始めますので
お楽しみに

【2015/01/06 22:34】 | サッカー鑑定団
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。