上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうもです。

TOWAです。



昨日までクリスマスだなんだってザワザワしていたのに、

今朝になったら、もう門松が立っていますね。

毎年のことだけど、

どんだけ切り替えが早いんだよ!
まったく余韻すらありゃしない!

って、ついつい言いたくなります。


でも、

考えてみれば、
余韻すら味わう前にクリスマス自体味わってないわ。(笑)

しかも、
門松立ったところで、
年の瀬なんていったて全然忙しくない。

どうなってんだよ?
アベノミクス!

全く上向きにならねーぞ。
安倍さんよ。(怒)



なんてね。(笑)


そもそも期待なんかしていませんから。


期待なんかしたところで、
結局、行動を起こすのは、やらなければならないのは自分自身なんでね、

他人が整えた環境なら尚更のこと、その中でいかに自分自身がやるかなんでね、

まあ、
アベノミクスになんか期待してませんよ。



と、軽く愚痴ったところで本題なんですが、


実は、
この考え方が、

年末年始に行っている、
サッカーキャンプ10万円以上払うことに価値が有るか無いか
の大きな判断になると思うのです。

勿論、価値観なんてもんは、人それぞれ親子それぞれ違います。


バルセロナの(あっ!言っちゃった汗)育成メソッドを肌で感じることに価値を持つかもしれないし、

バルセロナの(もういいや笑)哲学を学べるということに価値を持つかもしれない。

もしくは、

バルセロナ流のテクニックと個人戦術を学ぶことに価値を持つかもしれないし、

バルセロナのカンテラに移籍した久保健英くんのように、MVPを獲ってスペインに行くことを夢見ることに価値を持つかもしれない。


そう言った意味では、価値は有りなのかもしれない。


でも、

4泊5日のキャンプを経験したことだけに価値を持つというなら、私は価値は無しだと思う。


何故かと言うと、

先に書いたアベノミクスに期待しないと言っているように、

どんなに良い環境、良いメソッド、良いスタッフであっても、

参加した子ども自身が自ら考え行動しない限り、
バルセロナのメソッドや哲学を知っただけで終わってしまうからなんです。

思い出作りに価値を持つようなお金持ちの人ならば良いのだろうけど、

私のようなセコイ人間にとっては、
キャンプの経験を知識から知恵に変えていけない限り、価値を有りとすることはできません。


私がキャンプ参加者に問いたいのは、

1ヶ月後、3ヶ月後にバルセロナのメソッドや哲学を理解して行動しているかです。

もし、
そうならないのであるならば、

参加特典であるトレーニングキットが10万円で記念に残るだけだと思います。

キツイ言い方かもしれないけど、

自分のクラブチームに戻った時に哲学を生かすことができるのか。

ここが一番引っ掛かるところです。


勘違いをして欲しくないのですが、
私はバルセロナキャンプを批判している訳ではありません。

本場のメソッドと哲学を学べるのだから、最高の場だと思います。


問いたいのはあくまでも参加者の方です。

哲学を知って終わりでは何にもなりません。
その場だけ上手くなった氣がするだけの勘違いではもったいないと思うのです。

キャンプに行ったら上手くなったなんていう特効薬みたいなものはありません。
得た知識を継続的に繰り返し、自ら行動して知恵となり、武器になるのです。

ネームバリューに踊らされず、
学んだものを継続的に生かせるキャンプ選びを薦めます。

本当に、超本氣でバルセロナを目指しているのならば、
バルセロナキャンプで良いと思います。


でも、
募集案内にも書いてありましたが、

「我々の目的はFCバルセロナキャンプに参加した子ども達にFCバルセロナの哲学を100%体験させること」

だそうです。


10万円以上払って体験が目的というのであれば、
夢の国ディズニーランドに行ったのと変わりがない気がします。

そうならない為にも、

すべてを教えてもらうという意識ではなく、
自ら考え行動する意識を持って参加したら、

10万円以上の価値が倍になる

のではないでしょうか。

とにかく得たものは必ず実践し、理解することです。

もし、三日坊主的にキャンプでは頑張ったけど、
地元に帰ったらやらなかった。

ということであれば、

きっとそれは
10万円以下の価値になるでしょう。


ということで、
今回はここまで。

バルセロナキャンプも始まっているようなので、
参加者の方は頑張ってくださいね。



ではでは。








スポンサーサイト

【2014/12/27 00:37】 | 自由研究
【タグ】 サッカー  クーバー  バルセロナ  サッカーキャンプ  10万円  久保健英  
トラックバック(0) |
どうもです。

TOWAです。


なんだかね~

世間ではクリスマスだなんだって、
盛り上がっているようですが、

イブな夜と、そして今日のクリスマスの夜に、
2日続けて一人パソコンとにらめっこしながら、
ブログを書いているとは、
なんとも寂しい夜です。

いったい俺は何をしているのだろうか(涙)


そんなんだから、
思わず、ミニスカサンタが、あたたかいショコララテを、

「ご苦労様。ドンマイ

って言いながら持って来てくれることを妄想してしまいます。(キャバクラか!?(笑))


まあ、サンタさんは、
本田翼か、
それとも、
柴咲コウかな。

なんて、

持ち悪いオッサンの妄想は置いといて。(笑)


昨日書いた記事で、書き忘れたことがあったというか、思い出したのでそれを書きます。


そう!

それは、試合を見ていて感じた一番大事なこと!

それは子どもたちが、
楽しそうだったということ。

な~んだ。
そんなん試合をやれば、
子どもなんて、楽しいに決まっているじゃん!
練習より試合の方が好きなんだから!

って思うかも知れないけど、

本当に楽しそうだった。

なんかね、
とにかくボールを触りたいみたいで、

ドリブルしたい。
キープしたい。
奪いたい。
ゴールしたい。
勝ちたい。

という持ちが物凄く感じられた。

そんなんもあって、
ポジション取りも良かったのかもしれないけど、

ヘイ!ヘイ!
ボールよこせ!

って感じがメチャクチャ出ていた。

こういうところに、
スクールでのトレーニングによる成果ってものが出てくるのかなと感じた。


昨日の記事にも書いたけど、
特別個人技が凄いとは思わなかった。

でも思い返せば思い返すほどに、

子供たちは楽しんでいた。


やっぱりね、

サッカーは楽しんでナンボですよ。

楽しめば楽しむほどに上手くなる。

ってことですよ!

まあ、

上手くなるから楽しくなる。

なんてことを言う人もいるけど、

それは、
鶏が先か卵が先か
みたいなもんで、どちらでも良いことなんだけど、


謎の「」研究家の私としては、

心が身体を動かす

という考えのもと、

楽しめば楽しむほどに上手くなる。

ってことを伝えたいかなと。

まあ、
この辺りは、後日しっかり書きますんで、楽しみにしていてください。



ということでね、

クーバー コーチング サッカースクールの子供たちは、
サッカーを楽しでいたという追加報告でした。



で次回は、

年明けまでクーバー コーチング サッカースクールのスパイ活動?が出来ないのでね、



某キャンプに10万円以上払うのは有りか無か


について考えようかなと。。。


ではでは。












【2014/12/25 23:47】 | サッカー鑑定団
【タグ】 サッカーキャンプ  10万円  ドリブル  心が身体を動かす    
トラックバック(0) |
どうもです。

TOWAです。


いや~
行ってきました。

クソ寒い中、
保護者面してスパイ活動を決行してきました。(笑)

なんで屋外コートなんだよ!と思いつつ、
あまりの寒さに1時間ちょいで、あったかい缶コーヒーを2缶飲み干しましたよ。

全然からだが暖まらないし、なんだかお腹はゴロゴロしてくるし、大変でした。


しかも、その日は月9ドラマ信長協奏曲の最終回!

絶対に見なければと思いつつも、
どうやらこっちも年内最後みたいな感じだったので、

録画をすることにして、
行ってきました。

クーバー コーチング サッカースクールに。


いや~でも、まさかね、
本願寺も、毛利も、官兵衛も、長宗我部も出てこないし、
ましてや、安土城すら完成していないのに、
最終回はないよな!と思っていたら、

まさかの映画化

しかも来年12月公開って!?

なげ~よとツッコミを入れてしまいましたが、
本当に楽しみです。
 
って、
なんの話だよ!

と、
言われてしまいそうなので、
本題に戻します。(汗)


で、

早速行ってきた訳です。


世界NO1のメソッド
クーバー コーチング サッカースクールに。


で、
この日は、

1クールの最後の恒例なのか、
時間内は、ずっと試合でした。

個人技のトレーニング風景を期待していたので、
試合だけというのは、ちょっと期待はずれではあったのですが、

ある意味、
試合を見ていれば、個人技の部分がどれだけ生かされるかが見えるので、
そういった点では、良かったです。

でも、

率直な感想として、

こんなもんなの!?

というのが正直な感想。


もしかすると、
たまたまやっていたメンバーがそうだったかもしれないが、

セレクショントレセンに合格するために通う選手もいるという話を聞く中で、
テクニックという部分では残念ながら期待はずれでした。

でもこれは、
スクールのレベルがどうのこうのではなく、

ただ単に、
私の先入観の問題です。

私は、
個人技重視だと考えていたので、
やたらと足でコネコネして、キープやら、1vs1勝負にそうとうな拘りを持っているのだと思っていました。

それゆえ、
メチャメチャ個人技を期待していた訳です。



だけど、
今回見た現場は違っていた。

私の期待は外れたけれども、
その代わりに、とても大きな驚きがあった。


それは、

ポジショニング

クーバー コーチング サッカースクールの考え方は、

所属しているクラブチームがあるならば、自分のクラブチームの活動を優先させるという考え方があるようで、

あくまでも、個人技を伸ばす塾みたいなものであって、チーム活動をする訳でもない。


にもかかわらず、

今回見たスクール生達のポジション取りは、
とてもよく見えた。

コーチからの指示も、
味方との距離感についてのアドバイスが目立ったし、

攻守の切り替えの早さについてもアドバイスが目立っていた。

そのおかげか、
スピーディーなゲーム展開に見えた。

特に個人のスピードという訳でもなく、パスワークという訳でもない、
スピーディーな展開を見れたことは、

本当に期待を大きく裏切られた。


まだ1回しか見てないので、
なんとも言えないが、

次回は、その辺りについて、私の先入観を取っ払って、
もう一度しっかりスパイ活動をしてこようと思う。(笑)

まあ、年明けになってしまうが。。。


どういうことをして判断スピードをあげているのか?

しっかり見てきっませ!


ということで、


今回はこんな感じで。


ではでは。














【2014/12/25 01:07】 | サッカー鑑定団
【タグ】 サッカー  スクール  クーバー  世界NO.1  トレセン  セレクション  
トラックバック(0) |
どうもです。

TOWAです。


なんだかウチの料理長の太郎が、
前回のブログ記事でおせちもいいけどカレーもね

なんて言い出したんでね、

どんだけきまぐれなんだ!

って、

思わず、シェフのきまぐれ○○って奴を思い出してしまいましたが、

きまぐれってなんだよって、
いっつも、ツッコミを入れたくなってしまうのですよね。

まあ、
だけど、本当にきまぐれで料理されても困るけど、
シェフのきまぐれ○○というのは、

以外に、ド定番だったりするんですよね。

日替わり○○とか週替わり○○とかを、
ちょっとオシャレに言っているだけみたいにね。。。

日替わりパスタとか週替わりパスタって言われてもね~。
イタリアンの店に行ってそれはないですから。残念!みたいな。


まあでもね、

きまぐれだろうと、日替わりだろうと、定番であろうとなかろうと、
お得感はある方が良いのでね、



裏メニューやまかない料理ではなくとも、
実は定番メニューって奴もお得。


つまりは、

「ゾーン研究室」から「サッカースクール鑑定団」へ変わっても、

お得ちゃんには変わりがない。


という、
料理長からの指示があったんでね、



私も裏メニューの
謎の「氣」研究家 ゾーンを語る①

から一時路線を変更して、
(本当は、「」についてかたりたいけど。。。汗)


シェフのきまぐれ○○と言いつつ、ド定番で、

テクニック

をね、

ガッツリ「特命リサーチ」のごとく調べていくんでよろしくです。


で、

一発目は、


「サッカースクール鑑定団」

の名に恥じぬよう、

いきなりテクニックの大手中の大手

クーバー コーチング サッカースクール

の凄さについて、

鑑定というかリサーチをしてきます。



なぜ、

30カ国以上の国で認められ、
レアル・マドリードマンチェスター・ユナイテッドなどのクラブに、

世界NO.1のサッカー指導と言われるのか、
この辺りを探っていきます。

そして、

なぜ、

順調に規模を拡大し20,000人もの生徒を集められるのか、
このあたりの人気にも迫りたいと思います。


ってことで、

今後の動きに期待していてください。

今回は、予告まで!


ではでは。






【2014/12/22 00:01】 | サッカー鑑定団
【タグ】 クーバー  世界NO.1  テクニック  レアルマドリード  マンチェスターユナイテッド    
トラックバック(0) |
こんばんわ 太郎です。


年末も近づいてきましたが、皆さんいかがお過ごしですか?

「こんなブログ読んでるんだからヒマに決まってるだろ!」
そんなこと言わないで下さいな、
本当はヒマなクセして、忙しそうなフリしてる人がほとんどですから

そもそも、「12月にヒマなの~?」 「残念!」みたいな、
”12月は忙しい感を出したい”感じが
昔から嫌で嫌でたまらないのは僕だけでしょうか?

12月になっても 今年の流行語大賞を取った”日本エレキテル連合”ばりに
「ヒマだ~ ヒマ ヒマ」感出しまくりの私が、
この時期になると思いだすのがこのCM キャンディーズ懐かしい・・・


幼少期に、年末年始流れていたこのCMがなぜか今でも忘れられません。

「お正月だからって、毎日おせち料理ばっかり・・・ カレー食いて~」
という、ほとんどの子供達と一部の大人たちの気持ちをガッチリ掴んだ
素晴らしいCMです。

ブログを読んでくれている人の中で、
「キャンディーズ懐かしい」って、同意してくれる人が
ほとんどいないのがわかった上で、このCMを出してきた理由は

「このブログってこのCMと同じじゃん」
思ったからです。

今”ゾーン”についていろいろと書いていますが、
ゾーンをテーマにしているのは、ある野望があるからで
その野望とは、
ゾーンにいつでも入る方法があれば最強じゃね?」
というものです。

その為にも、”ゾーンとは何ぞや”とか”ゾーンに入るのに必要なこと”
などについて、研究してるし、このブログで書き始めた訳です。

でもね、「”ゾーン”っておせちじゃね?」とふと気がついてしまいました・・・

1年でお正月しか食べられない”おせち料理”
1年に1度来るかどうかわからない”ゾーン”

”ゾーン”なんて、下手したら一生めぐり会えないかもしれない
だからこそ「いつでもどこでも”ゾーン”」が魅力的で破壊力抜群なんだけど

たましかでないけど、出たら美味しい(おせち)ものより
いつ食べても美味しいし食べ飽きない(カレー)もの

いきなり ”ゾーン”から始めたのは、馴染みにくかったかなと・・・
サッカーでの”カレー”に当たるものについて書いた方がいいんじゃね?」
その方が楽しく読んでいただけるかなと

それでは、お馴染みであり食べやすいテーマとは何ぞや?
と考えた時、まあいろいろと考えているんですけど

いま一つ思いついたのは、
サッカースクール鑑定団」 

サッカースクールに限らず、サッカーチームやサッカー教材などなど
いろいろなサッカー関連モノについて専門家軍団が鑑定しちゃいます。

サッカー業界、特に少年サッカーを取り巻く環境って複雑ですよね
いいモノ、悪いモノ入り混じって、かなりゴチャゴチャしています。
有名サッカー選手の名前が入っているから買ってみたら
本当に名前だけで、本人が一切出てこないものなんてあったりします。

数あるサッカーに関するものを”辛口鑑定官”がバッサリ鑑定します。

真実を、1つ1つの正体を暴いていくコーナー
「サッカースクール鑑定団」 いかかですか?

こんな感じで、いろいろなコーナーを作っていきたいと思っております。


このブログの目的は、
「世界に通用する選手を育成するために必要なことを発信すること」

現在困っていたり、悩んでいる人達のために役立つ事を発信していきたい
と思っています。

もっと皆さんに役立ててもらえる情報を行きたいと考えていますし
皆さんからも情報をお寄せいただけたら嬉しいです。

てなことで、2015年からはゴリゴリといきますので
お楽しみにしていて下さい。

【2014/12/20 14:35】 | 未分類
【タグ】 サッカー    カレー  何でも鑑定団  ゾーン  
トラックバック(0) |
どうもです。

第三の男こと、謎の研究家 TOWAです。


このブログでは、
プロサッカー選手になるのなんて実は簡単でしょ」

ということで、

まず、ゾーンの研究 を最初のテーマにしていますが、
私の方では、という視点から研究発表をしていきます。

まあ、というとの部分も多くてね、

目に見えない力ということで、怪しまれることも多いのだけど、

マメ仙人直伝「たねの力」 stage2

で、マメ仙人が書いてくれたような世界だと思ってもらていいかなと。

まあ、

そのうちってものをしっかり説明していくんでね、お楽しみにしていてください!

怪しい世界を案内するんで!(笑)



ということで、

本題のゾーンの研究ですが、


まず始めに、ゾーンとは、

どのような状態になった時に起こるかを考えていきましょう。

まあ仮説を立てるってことですけど、
少し考えてみてください。


何個か浮かぶかと思いますが、
どうでしょうか?





私が真っ先に浮かんだのは、

集中力

他にも、直感、閃き、冷静、極限、本能、コミットなどなど浮かんできましたが、
集中力が一番初めに浮かんできましたね。



ってことで、

誠に勝手ながら、

今回は、集中力に絞っていきます。


で、

またまた掘り下げて考えていきたいのですが、

集中力が高い状態と、集中力が低い状態の違いとはなんなのか?

ここにフォーカスしていきたいと思います。



例えば、

皆さんは、トランプでタワーを作ったことはあるでしょうか?
トランプを2枚一組で三角になるようにして立てて、ピラミッドのように積み上げていくアレです。

もしくは、

ドミノ倒しを長く作ったことはあるでしょうか?

経験がなければないでいいのですが、
ミスの許されない細かい作業をなんでもいいので想像してみてください。


その瞬間というのは、

まさしく集中している状態だと思うのですが、
どうでしょうか?


順調に進む時は、集中力が高いだろうし、
失敗を繰り返す時は、集中力が低い。


その時の、

あなたの心はどんな状態か?
あなたの身体はどんな状態か?

この心と身体の状態を知ることが、まず一つゾーン研究への道に導いてくれると思っています。


では、

実際にどんな状態か?


私がトランプタワーを作っていると考えるならば、

単純に落ち着いている状態

というのが集中力が高い状態。

逆に、
失敗繰り返し、焦りイライラしている状態というのは集中力が低い。


だったら落ち着いている状態でいればいいだけ。

というのが、一つの答えになるのだけど、



実は、ここから先がさらに深いところだと思います。


何故かって、

人は思考に流されやすいから

あと少しで完成とかいう時に失敗することも少なくないので。

なので、

どう感情をコントロールしつつ、
落ち着いている状態を作るか?

ここが重要になってくると思います。


ということで、

今回はここまで。



次回は、思考という部分も含め、

落ち着いている状態について書いていきます。

ではでは。

ありがとうございました。

【2014/12/16 23:55】 | 自由研究
【タグ】 ゾーン    集中力  プロサッカー選手    
トラックバック(0) |
こんばんわ

前回の”ゾーン動画”みていただけましたか?
感想なぞを頂けると嬉しいです。

今必死でサッカー版ゾーン動画を探していますが、難しいですね。
バスケとかテニスは結構わかりやすいからいいんだけど
サッカーでゾーン入ってるってよく解んなくて・・・
見つけた方は教えて下さい。
喜びを全身で表現しちゃいますから(ナゾ)

という事で、どういうことかは秘密ですが
続きドンドンいきましょうか。

前回の「奇跡の35秒動画」のつづきですね。
ここからいろいろと見ていたんですが、それらしいものが見つからないので
一度検索し直します。
次は、ワードを足してみます。 次の検索ワードは
「ゾーン スポーツ」でいってみます。

いろいろ出てきましたが、あんまりいい組み合わせじゃないんですかね?

ひとつ面白そうなのを発見しました。
「全ての事が上手にいく心理状態「ゾーン(フロー)」に入る方法を紹介」

ゾーン(フロー)・・・  「ゾーン=フロー」ってことなんですかね?
とにかく見てみましょう。

ほうほう、どうもセミナーの宣伝動画の様ですね。

要約すると、
「ゾーンとは”無我の境地”そして私はゾーンに入れる簡単な方法を
知っているのでセミナーを受けに来たら教えます。ぜひ来てください。」

「いや、そこが知りたいんですけど・・・」
夕日に向かって叫んじゃいました。

ハズレ動画でしたが、転んでもただでは起きたくないので
何か見つけるためにもう一度見直してみますね。

ふむふむ、ゾーン研究初心者としては、何点か気になる点ありましたね。

心理学的にはゾーンを”フロー”と呼ぶらしいが、本当にイコールでいいのか?
ゾーンとは”心と身体が一致した状態”
動画を作っている”ハリー吉田”とは何者なんだろう?

などなど、ほかにもあるかもしれないけど、この動画これ以上みても
時間の無駄な気がします。(あくまでもカンですけど)

次の動画は・・・  ありましたね~
アヤシサ満点ですけど、代表取締役社長ヒロトの
「時間があっという間に経つ没頭状態(フロー状態)を作りだす方法」
それでは見てみましょうか。

30秒で見切っちゃいました。「お前はもう死んでいる」って
なぜここでケンシロウなのかは、ご想像にお任せしますが・・・
言う事デカいけど中身はうすい典型動画ですね。
興味があればどうぞ

次は、どの動画にしましょうかね、2つ連続でイマイチだったので
そろそろいいのが有りそうなんですが・・・

うん、これ良さそうです。

「ミハイル・チフセントミハイ「フロー体験」」
本物のにおいがプンプンしますね~

何が本物かって”ミハイル”って名前ですよ!
こういう名前は本物って僕の中のリトル本田が言っています。

早速見てみましょうか

一般的に言われている”ゾーン”に限りなく近い説明がされています。
「フローとは、忘我の感覚、明晰な感覚」 などです。

この動画のダイジェストは、
「われわれがいつ幸せを感じているのかについて研究する中で、
フロー体験をした時に人は幸せを感じるという結果が出た」
という事なんですけど、

実際動画を見てもらった方がいいかな
まずは、何度かじっくり見てください。感想があればコメント欄にお願いします。

解説的なことは、次回お話したいと思います。
それではどうぞお楽しみください




【2014/12/10 09:00】 | 自由研究
トラックバック(0) |
マメ仙人じゃ。

前回、わしが出した質問を覚えておるかの?

なに?
AKB48のたかみなの卒業に驚きすぎて忘れたじゃと!!
しょうがないのう。
あれにはわしもびっくりしたからのう。
無理もないわな。

では、一応おさらいじゃ。
前回は
おぬしらが考える、「サッカー勝つために必要なもの」は何かと質問したんじゃ。
テクニックや戦術でもない何か。
それを見つけておくようにというお題じゃったの。

ほんじゃ、わしマメ仙人が考える「サッカー勝つために必要なもの」を教えるぞ。

それはずばり「体力」じゃ。

言いかえれば「元気」じゃな。

一度は聞いたことがあるじゃろう。
アントニオ猪木氏の名言

「元気ですかー!!」

まさにあれじゃ。

元気があればなんでもできる。
そういうことじゃ。

元気だったら、ちょっとした段差だって平気で越えていけるじゃろう。
逆に元気でなかったら、ちょっとしたことでもつまずくのう。

これくらいはすぐにわかるじゃろう。
うん!?そんなの当たり前じゃと?

ここで一つ質問じゃ。

おぬしの元気の素が10あるとするぞ。
じゃ、そのうちどれくらいを試合の時に出せとるかな?


・・・・・
・・・・
・・・
・・

どうじゃ、10全てフルパワーで出せとるかのう。
半分も出せとりゃいい方じゃないかのう。
へたをすると2ぐらいしか出せないなんて事もあるかもしれん。

じゃ、ここで考えてもらいたいんじゃが、
どちらのほうが自分が思い描いた通りのプレーができるかの?
言わなくてもわかるじゃろう。
もちろん、10出せた時じゃの。

ドラゴンボールの孫悟空もフルパワーを出せると
スーパーサイヤ人になれるじゃろ?
わしがいっている10とはその状態のことじゃ。

その元気の素は元々孫悟空がもっているもの。
わしらも、普段は10もっちょるのに、全然使えておらんということじゃ。

おぬしらを「たね」だとすると、
そのたねには凄いパワーがすでに詰まっているんじゃ。
じゃが、今は色々と根詰まりしておって、
それが全て使われることがないというだけじゃ。

もったいないのう。

じゃが、これからわしが話していくことを読めば、
きっとおぬしらも「本当のフルパワー」が出せるようになるはずじゃ。

まず最初にやることは、その詰まりをできるかぎり取り除いて身軽になることかのう。


次回はその秘密についてじゃ。

【2014/12/09 13:22】 | たねの力
【タグ】 サッカー  育成  勝つ  
トラックバック(0) |
まめ仙人

マメ仙人じゃ。

わしの弟子の一人がサッカーが大好きでのう。

毎日のように一生懸命練習しているのじゃが、

なかなかうまくならん。

で、その弟子から、

サッカーにも使えそうな「スーパーサイヤ人」みたいになれる方法を教えてもらえませんか?」

というオファーがきての、

どうせならサッカーやってるおぬしらが

自分の力を最大限引き出すことができたら面白いことができそうじゃで、

このブログでわしの秘伝をちょーっとだけ伝授することにしたんじゃ。

まあ、信じる信じないは、おぬし次第じゃがの。

一歩を踏み出すか、今のままでいるのか。

覚悟があるやつだけよんでくれればいいからのう。




まず、質問じゃ。

おぬしらが考える、サッカーで勝つために必要なものはなんじゃ?

メンタル、フィジカルの強さ。」

   ほほう。

「ボールテクニック、戦術。」

  なるほど、なるほど。

「勝利への執念。」

  ふむふむ、確かにそれらも必要じゃろう。

「松岡修造さんみたいな熱さ!」

  おおう、実はわしもあやつに大ファンでのー。
  
  CMで妖怪体操踊っておるが、わしも一緒に踊ってみたいもんじゃのう。
 
  プレーもコメントも指導も熱い。その熱さが周りに伝染するんじゃ。

  そうそう、あれは・・・。




はっ、いかんいかん。ついつい脱線しかけてしもうた。
 
確かに、メンタルフィジカルの強さや、テクニック、戦術、熱意、情熱、努力、色々な物が必要じゃのう。

だからおぬしらも、毎日トレーニングをしているのじゃろう。

じゃ、その中でも一番大切なものってなんじゃ?

ちょっと目を閉じて考えてみてくれんかの。

・・・・・
・・・・
・・・
・・


どうじゃ、答えは見つかったかの?

おぬしらが一番大切と思っているものを是非コメント欄に書きこんでくれんかの。

もし、おぬしらが思っちょってる一番大切なものよりも

もっと大切な事があるとしたら、知りたくないかの?

そして、それを手に入れる事ができたら、どんなプレーができるか、考えてみるとわくわくせんかの?

次回からはその秘密について書くからの。

楽しみにしておれ。

【2014/12/06 21:08】 | たねの力
【タグ】 サッカー  育成  メンタル  技術  
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。