上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうもです。

TOWAです。


まだ日本代表の後任監督が決まりませんが、
日本サッカーは、大きく分けてポゼッションとカウンターのどちらのサッカーを選ぶのでしょうか?

日本サッカー協会が、目指すスタイルは何なのでしょうか?

監督候補のビッグネームを見る限りポゼッションサッカーなんですかねぇ?

果たして、W杯とアジア杯の敗戦の教訓を生かしてというか、
責任を取り、しっかりと未来に向けて動いているのか?

W杯の結果をアギーレの就任発表でごまかし、アジア杯の結果をアギーレの八百長問題でごまかし、
責任を逃れている協会がどんな方向性を出してくれるのかあまり期待はしていませんが、
何とかして欲しいものです。。。

こんなことをしていれば、育成にも響いてきますからね。

どの分野でもそうですが、サッカーもピラミッド構造ですから、頂上が変われば土台の性質も変わります。

外国人を招いて海外サッカーを学ぶのもいいけど、
4年経って結果が出ても出なくても、契約が終われば逃亡出来てしまうのだから、
日本の代表監督なんて外国人監督からみたら踏み台ですよ。(もちろん任期中はベストをつくしてくれますが。。。)

そんな状況下で育成という土台がどう築き上げていけるのでしょうか?


私の手元に毎月届く、協会発行の小冊子。

ここには常に、
協会側の分析とか課題とか総括みたいな内容しかありません。
フルがどうだなでしこがどうだ、トレセンがどうだったかと。

しかもW杯、アジア杯の2回続けての敗北を受けてもなお、課題とテーマはあまり変わらず。

そして相変わらずの育成年代の個の強化の話ばかりです。

もちろん読みごたえもありますし、メニューなんかも載っているんでね面白いですよ。


だけど、

監督をすり変えるだけのように、内容をちょっとだけすり替えているようにしか思えないのです。


なので、

やっぱり、

W杯後、本田選手が言っていたように、

「自分のやってきたことを否定するところから始めるぐらいのことをしないと」

というくらいに協会も動かないといけないと、日本サッカーはまた同じことを繰り返してしまうのではないかと思います。

もちろん底辺にいる私もですが。(一応、育成に関わってますからね)



ということで、

本田つながりでお口直しを。

R1グランプリ

じゅんいちダビッドソンで(笑)




ではでは。






スポンサーサイト

【2015/02/20 02:10】 | 日本代表
【タグ】 サッカー  日本代表  監督  トレセン  本田  育成  じゅんいちダビッドソン  ポゼッション  カウンター  
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。