上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうもです。


なんだか、
くしゃみ、鼻水、目のかゆみ。

氣を抜くと、鼻水がストンストン落ちるし、
くしゃみ連発で仕事に集中できない位、

花粉にやられているTOWAです。(笑)



でも、笑ってられないくらいに今年の花粉は本当に強烈です。

花粉症の方はどうですか?
凄くないですか?

私は、かなりやられています。


だけど、

絶対に花粉には負けません。

すでに負けていると思われるかも知れませんが認めません。

花粉症に打ち勝つまでは、自分の身体を信じて戦います。


って、なんのこちゃっ?って感じですよね。(笑)

まあ、出来るだけね薬に頼りたくないなということなんですけどね。
(実はもっと深い理由もありますが。。。)


ってことで、

花粉とも戦っていますが、

別のことでも戦っていてゴタゴタしてました。(汗)

なんでね更新遅れていてすんまそん。


で、
何と戦っていたかというと、
私が関わる組織の環境の変化です。


やはりこの時期って、出会いだの別れだの、年度が変わったりで環境の変化が起こる時期じゃないですか。

進級や進学、卒業や入学、退職や就職、転向や転勤などなど。。。


そんな環境が変化しやすい波に乗ってしまったのだか知りませんが、ゴタゴタとしていました。


一つは、私個人が趣味でやっているフットサルチーム。

もう一つは、私がコーチとして関わっている少年サッカークラブ。

どちらも組織改革が行われている訳ですが、

まあ、私のプライベートをグタグタかいても面白くないと思うので簡単に言うと、

今の環境に不満を持つ者。
環境が変化していくことを理解できない者。
環境を変えることに怖がっている者。

こんな者達と運営側の人間として戦っていた訳です。


で、

こんな者達と戦っていると、
なんとなく見えてくるんです。



というものが。。。


自分の立場を守ろうと、
自分が正しいと、

居心地の良い場所に居座ろうとするんです。

要は満足を求める訳です。


でもそれは欲求という点で捉えれば、当然と言えば当然なのかもしれません。


だけど問題は、

それをとするのか、

とするのかで大きく変わると思うのです。




最近、メディアを騒がしている大塚家具お家騒動


特に興味深くニュースを見ていないので、
捉え方を間違っているかもしれませんし、
会員でもない。(笑)

あくまでも情報はメディアからなので真実かどうかはわかりませんが、

その情報だけで見れば、
創業当初から営業スタイルに拘ると、
時代の流れに適したスタイルに拘るとの

vs

の様に見えます。


双方で経営方針を主張し、
メディアの好きな泥沼劇になろうとしてますが、

双方の根っこ、または幹の部分は大きく変わらないと思います。

つまりの部分です。

会社のため、社員のため、家族のため、お客様のため。そういったことをより良くしていくというは変わらないと思うのです。

ただそのやり方、方針が違うことによって、自分の主張を正当化するために我vs我になっているのだと思います。

まあでも、
これは私の憶測でしかないし、キレイごとを言っているだけかもしれないし、

以外と大塚家具お家騒動を利用した経営戦略かもしれません。

あんだけメディアを騒がしていれば注目度もアップですから(笑)

まあいずれにせよ、というものがあってのだと思いたいところです。



メディアによってお家騒動に盛り上がりをみせていますが、
どちらのスタイルが正しいのかなんて分かりませんし、本当に興味もありません。

ただ赤字になったり、他社に客を奪われたりして、環境が変化しているのであれば、何らかの対応していかなければならないでしょう。

どっちのが強いのか?
それともどっちのがしっかりしているのか?

ただの我vs我になってはである本質が置き去りになってしまうのではないでしょうか。

を出せば、相手もを出してきます。

いかにを見失わずに対応出来るかが重要だと思います。




ということで、

これと似たようなことが我が身にも降りかかっていた訳です。

で、

前置きとして長くなってしまったのですが、
結局何が言いたいかというと、

こういうことは、サッカー少年達にも起こりうるということです。

我と軸の関係が。。。

結構ね、成長、進化していくためには重要なポイントだと思うのです。


子ども達にとっても常に環境は変化していきます。

特にこの時期だと、
ジュニアからジュニアユースへ。
一学年進級と。。。

チームも変わり、担当コーチも変わっていきます。

チーム内での立場も変わっていくことでしょう。


また、日常的にも、
レギュラーになったり、ベンチになったり、ポジションが変更になったり、トレセンに選ばれたり、落ちたり、優勝したり、初戦敗退したりと環境はコロコロ変わります。

そんな中でを通すのか、を通すのか。

ここに大きな成長の差が生まれるのだと思っています。


変わっていく環境に不満を持つのか、
現状に満足したままでいるのか。


それとも、


どんなに環境が変わっても、
自分のやりたいこと、目標や夢に向かってをブラさずに進むのか。


目標や夢というがあるなら、を捨てて、
本当の自分(軸)を見つめていくことが必要だと思います。


ちょっと分かりにくいかな。(汗)


でも、ここに前回私が書いた記事のヒントがあると思っています。


ではでは。

次回はもう少し上手くかきますね(笑)


TOWA
スポンサーサイト

【2015/03/17 19:19】 | 自由研究
【タグ】 サッカー      お家騒動  大塚家具    卒業  ジュニア  ジュニアユース  花粉症  
トラックバック(0) |
どうもです。

TOWAです。


前回の私の記事ですが、

初めはあいさつ程度に日本代表の後任監督について書くつもりでしたが、
なんだか記事にしてしまいました。

せっかくだったので、もう少し坂上忍さんばりに毒づいても良かったかもしれませんねぇ(笑)

まあ、でもその辺は本職の?セルジオ越後さんにおまかせして、
本当に書きたっかたテーマを書きます。



ってことで今回のテーマはコレ。

ええぇ~NAZO!

なんでこ~うなるの?

って話です。


で、
一つ目は、高校からサッカーを始めてプロサッカー選手になった人がいるって話。


世界で見て有名なところでは、

・元アルゼンチン代表のバティストゥータ (17歳から)
・元イタリア代表のクリスティアン・ヴィエリ (高校生かららしい)

Jリーガーだと、

・巻誠一郎(ジェフ千葉)
・西部洋平(清水エスパルス)
・土田尚史(元浦和レッズ)
・下田崇(元広島)
・中山悟志(元ガンバ大阪)

とかとか。。。

まあベテランというか、引退してる選手もいるんでね、最近の状況とは違いがあるかもしれませんけど、
間違いなく彼らもゴールデンエイジをすごしている訳で、

そのゴールデンエイジの少年期に、
キャプテン翼にハマりどっぷりサッカー少年になっていた子供たちをさしおいてプロになっている訳ですから、

彼らは、JFAが発行しているハンドブックにおけるゴールデンエイジの考え方からちょっと規格外な訳です。

NAZO!

ですね~。


で、

もう一人。

現在はプロサッカーコーチで、
17歳からサッカーを始め、7年後にブラジルでプロになった人がいます。

この人は、
私がスクール鑑定団の第二弾で鑑定しようと思っていた明光サッカースクールのヘッドコーチの

檜垣裕志という人です。


スクール自体は関東圏なので、全国的にあまり聞かない名前かもしれませんが、
学習塾なら、個別指導で有名なあの明光義塾のグループです。(まあ、だから何?って情報ですが。。。)

なので、

サッカースクール自体も個別指導です。(笑)

って、スパイ活動の時間が取れてないのでホームページしか見てませんが。(汗)

でもコーチング方針は素晴らしいようなので、
貼り付けますんで、興味ある人は見てみて下さい。(雑!(笑))

↓↓↓
明光サッカースクール

で、
檜垣裕志という人なんですが、

長くなるので、プロフィール的なものをこれまた貼り付けますので、お時間ある方は見て下さい。(超雑!(笑))

↓↓↓
明光サッカースクール連載 第1回 檜垣裕志 ~17歳からのプロへの道~


ちなみに貼り付けてますけど、
宣伝してる訳ではないですからね(笑)


で、

ここで彼の言葉を借りて言いたいことは、

「僕はサッカーを始めて7年目でプロになることができました。スタートは遅かったですが、早く始めれば良いというものでもないと思います。方法が間違っていたら、いくら早く始めても意味がありません。」


「僕はサッカーを始めて7年でブラジルのプロ選手になりました。しかし、僕より早く始めてもプロになれるわけではありません。是非、正しい指導法に触れていただきたいと思いますし、それならば早く始めた方が上達する可能性も上がります。」

と、ゴールデンエイジのあま~い罠について語っているよな。

ということなんです。

これね、凄く大事なことだと思うのですよ!

ねっ!

NAZO!

でしょ。ゴールデンエイジ




で、
もう一つ。

今度は、高校からプロになったという成功例ではなく、
逆?のパターンについて。

と言っても失敗例ということではないですよ。
あくまでもこんなケースもあるよって話。

ということで、

またまた貼り付け恐縮です。(笑)
↓↓↓

14歳でプロデビュー…25歳になった早熟の天才、元米代表アドゥーの現在

これってなんでしょう。。。

きっと輝かしいゴールデンエイジを過ごし、一生もののテクニックを手に入れただろ天才が、
何故スパイクを脱ぐかもしれない状況になるのか、

NAZO!

です。

「あの人は今」として取り上げられそうな、
天才子役みたいになってしまうのは何故なんでしょうか?

この外国人選手に限らず、Jリーグでも見受けられる現象(個人名は控えますね)ですが、
いったいゴールデンエイジにテクニックを習得すべきというものの延長線上に、
こういうケースがあるのはどうしてなのでしょうか?


最初に書いたケースにしても、このケースにしても、
「即座の習得」と言われるゴールデンエイジにテクニックを学ぶことがそんなに重要なのでしょうか?

NAZO!

です。


なんて言っていると、

どこからか、


ちょっとまて、ちょとまてお兄さん

ラッスンゴレライちゃいますの!

ラッスンゴレライ ラッスンゴレライ

ごっつレアケースちゃいますの!



って聞こえてきそうですが。。。(笑)


確かにレアケースなのかもしれませんね。

だけど、

レアケースではないスタンダード?なケースというか、
ゴールデンエイジにテクニックをしっかり身に付けてきた人であっても、プロになることがレアなわけだから、

むしろ、

このレアケースの中にある何かレアを引き起こすのではないかと。
そしてそれがプロになるためのスタンダードだと逆に私は考えるわけです。

だから私は、ゴールデンエイジにテクニックを磨くことに躍起になっている大人たちの考え方に疑問を持っているのですが、

本当に大切な事はレアにある。

ということで、

高校からサッカーを始めてプロになるケースや、
天才がフェードアウトしてしまうケースの

NAZO!

を研究していきます。

もしかしたらこっちの方が近道かもしれないのでね。

レアケース>テクニックかもしれないので。。。



ということで、

真面目に書いてきたので、

貼り付けるの迷いますが、
せっかくなんで、



ではでは。(笑)












【2015/02/20 08:13】 | 自由研究
【タグ】 サッカー  育成  Jリーガー  ラッスンゴレライ    ゴールデンエイジ  明光  檜垣  
トラックバック(0) |
どうもです。

TOWAです。



昨日までクリスマスだなんだってザワザワしていたのに、

今朝になったら、もう門松が立っていますね。

毎年のことだけど、

どんだけ切り替えが早いんだよ!
まったく余韻すらありゃしない!

って、ついつい言いたくなります。


でも、

考えてみれば、
余韻すら味わう前にクリスマス自体味わってないわ。(笑)

しかも、
門松立ったところで、
年の瀬なんていったて全然忙しくない。

どうなってんだよ?
アベノミクス!

全く上向きにならねーぞ。
安倍さんよ。(怒)



なんてね。(笑)


そもそも期待なんかしていませんから。


期待なんかしたところで、
結局、行動を起こすのは、やらなければならないのは自分自身なんでね、

他人が整えた環境なら尚更のこと、その中でいかに自分自身がやるかなんでね、

まあ、
アベノミクスになんか期待してませんよ。



と、軽く愚痴ったところで本題なんですが、


実は、
この考え方が、

年末年始に行っている、
サッカーキャンプ10万円以上払うことに価値が有るか無いか
の大きな判断になると思うのです。

勿論、価値観なんてもんは、人それぞれ親子それぞれ違います。


バルセロナの(あっ!言っちゃった汗)育成メソッドを肌で感じることに価値を持つかもしれないし、

バルセロナの(もういいや笑)哲学を学べるということに価値を持つかもしれない。

もしくは、

バルセロナ流のテクニックと個人戦術を学ぶことに価値を持つかもしれないし、

バルセロナのカンテラに移籍した久保健英くんのように、MVPを獲ってスペインに行くことを夢見ることに価値を持つかもしれない。


そう言った意味では、価値は有りなのかもしれない。


でも、

4泊5日のキャンプを経験したことだけに価値を持つというなら、私は価値は無しだと思う。


何故かと言うと、

先に書いたアベノミクスに期待しないと言っているように、

どんなに良い環境、良いメソッド、良いスタッフであっても、

参加した子ども自身が自ら考え行動しない限り、
バルセロナのメソッドや哲学を知っただけで終わってしまうからなんです。

思い出作りに価値を持つようなお金持ちの人ならば良いのだろうけど、

私のようなセコイ人間にとっては、
キャンプの経験を知識から知恵に変えていけない限り、価値を有りとすることはできません。


私がキャンプ参加者に問いたいのは、

1ヶ月後、3ヶ月後にバルセロナのメソッドや哲学を理解して行動しているかです。

もし、
そうならないのであるならば、

参加特典であるトレーニングキットが10万円で記念に残るだけだと思います。

キツイ言い方かもしれないけど、

自分のクラブチームに戻った時に哲学を生かすことができるのか。

ここが一番引っ掛かるところです。


勘違いをして欲しくないのですが、
私はバルセロナキャンプを批判している訳ではありません。

本場のメソッドと哲学を学べるのだから、最高の場だと思います。


問いたいのはあくまでも参加者の方です。

哲学を知って終わりでは何にもなりません。
その場だけ上手くなった氣がするだけの勘違いではもったいないと思うのです。

キャンプに行ったら上手くなったなんていう特効薬みたいなものはありません。
得た知識を継続的に繰り返し、自ら行動して知恵となり、武器になるのです。

ネームバリューに踊らされず、
学んだものを継続的に生かせるキャンプ選びを薦めます。

本当に、超本氣でバルセロナを目指しているのならば、
バルセロナキャンプで良いと思います。


でも、
募集案内にも書いてありましたが、

「我々の目的はFCバルセロナキャンプに参加した子ども達にFCバルセロナの哲学を100%体験させること」

だそうです。


10万円以上払って体験が目的というのであれば、
夢の国ディズニーランドに行ったのと変わりがない気がします。

そうならない為にも、

すべてを教えてもらうという意識ではなく、
自ら考え行動する意識を持って参加したら、

10万円以上の価値が倍になる

のではないでしょうか。

とにかく得たものは必ず実践し、理解することです。

もし、三日坊主的にキャンプでは頑張ったけど、
地元に帰ったらやらなかった。

ということであれば、

きっとそれは
10万円以下の価値になるでしょう。


ということで、
今回はここまで。

バルセロナキャンプも始まっているようなので、
参加者の方は頑張ってくださいね。



ではでは。









【2014/12/27 00:37】 | 自由研究
【タグ】 サッカー  クーバー  バルセロナ  サッカーキャンプ  10万円  久保健英  
トラックバック(0) |
どうもです。

第三の男こと、謎の研究家 TOWAです。


このブログでは、
プロサッカー選手になるのなんて実は簡単でしょ」

ということで、

まず、ゾーンの研究 を最初のテーマにしていますが、
私の方では、という視点から研究発表をしていきます。

まあ、というとの部分も多くてね、

目に見えない力ということで、怪しまれることも多いのだけど、

マメ仙人直伝「たねの力」 stage2

で、マメ仙人が書いてくれたような世界だと思ってもらていいかなと。

まあ、

そのうちってものをしっかり説明していくんでね、お楽しみにしていてください!

怪しい世界を案内するんで!(笑)



ということで、

本題のゾーンの研究ですが、


まず始めに、ゾーンとは、

どのような状態になった時に起こるかを考えていきましょう。

まあ仮説を立てるってことですけど、
少し考えてみてください。


何個か浮かぶかと思いますが、
どうでしょうか?





私が真っ先に浮かんだのは、

集中力

他にも、直感、閃き、冷静、極限、本能、コミットなどなど浮かんできましたが、
集中力が一番初めに浮かんできましたね。



ってことで、

誠に勝手ながら、

今回は、集中力に絞っていきます。


で、

またまた掘り下げて考えていきたいのですが、

集中力が高い状態と、集中力が低い状態の違いとはなんなのか?

ここにフォーカスしていきたいと思います。



例えば、

皆さんは、トランプでタワーを作ったことはあるでしょうか?
トランプを2枚一組で三角になるようにして立てて、ピラミッドのように積み上げていくアレです。

もしくは、

ドミノ倒しを長く作ったことはあるでしょうか?

経験がなければないでいいのですが、
ミスの許されない細かい作業をなんでもいいので想像してみてください。


その瞬間というのは、

まさしく集中している状態だと思うのですが、
どうでしょうか?


順調に進む時は、集中力が高いだろうし、
失敗を繰り返す時は、集中力が低い。


その時の、

あなたの心はどんな状態か?
あなたの身体はどんな状態か?

この心と身体の状態を知ることが、まず一つゾーン研究への道に導いてくれると思っています。


では、

実際にどんな状態か?


私がトランプタワーを作っていると考えるならば、

単純に落ち着いている状態

というのが集中力が高い状態。

逆に、
失敗繰り返し、焦りイライラしている状態というのは集中力が低い。


だったら落ち着いている状態でいればいいだけ。

というのが、一つの答えになるのだけど、



実は、ここから先がさらに深いところだと思います。


何故かって、

人は思考に流されやすいから

あと少しで完成とかいう時に失敗することも少なくないので。

なので、

どう感情をコントロールしつつ、
落ち着いている状態を作るか?

ここが重要になってくると思います。


ということで、

今回はここまで。



次回は、思考という部分も含め、

落ち着いている状態について書いていきます。

ではでは。

ありがとうございました。

【2014/12/16 23:55】 | 自由研究
【タグ】 ゾーン    集中力  プロサッカー選手    
トラックバック(0) |
こんばんわ

前回の”ゾーン動画”みていただけましたか?
感想なぞを頂けると嬉しいです。

今必死でサッカー版ゾーン動画を探していますが、難しいですね。
バスケとかテニスは結構わかりやすいからいいんだけど
サッカーでゾーン入ってるってよく解んなくて・・・
見つけた方は教えて下さい。
喜びを全身で表現しちゃいますから(ナゾ)

という事で、どういうことかは秘密ですが
続きドンドンいきましょうか。

前回の「奇跡の35秒動画」のつづきですね。
ここからいろいろと見ていたんですが、それらしいものが見つからないので
一度検索し直します。
次は、ワードを足してみます。 次の検索ワードは
「ゾーン スポーツ」でいってみます。

いろいろ出てきましたが、あんまりいい組み合わせじゃないんですかね?

ひとつ面白そうなのを発見しました。
「全ての事が上手にいく心理状態「ゾーン(フロー)」に入る方法を紹介」

ゾーン(フロー)・・・  「ゾーン=フロー」ってことなんですかね?
とにかく見てみましょう。

ほうほう、どうもセミナーの宣伝動画の様ですね。

要約すると、
「ゾーンとは”無我の境地”そして私はゾーンに入れる簡単な方法を
知っているのでセミナーを受けに来たら教えます。ぜひ来てください。」

「いや、そこが知りたいんですけど・・・」
夕日に向かって叫んじゃいました。

ハズレ動画でしたが、転んでもただでは起きたくないので
何か見つけるためにもう一度見直してみますね。

ふむふむ、ゾーン研究初心者としては、何点か気になる点ありましたね。

心理学的にはゾーンを”フロー”と呼ぶらしいが、本当にイコールでいいのか?
ゾーンとは”心と身体が一致した状態”
動画を作っている”ハリー吉田”とは何者なんだろう?

などなど、ほかにもあるかもしれないけど、この動画これ以上みても
時間の無駄な気がします。(あくまでもカンですけど)

次の動画は・・・  ありましたね~
アヤシサ満点ですけど、代表取締役社長ヒロトの
「時間があっという間に経つ没頭状態(フロー状態)を作りだす方法」
それでは見てみましょうか。

30秒で見切っちゃいました。「お前はもう死んでいる」って
なぜここでケンシロウなのかは、ご想像にお任せしますが・・・
言う事デカいけど中身はうすい典型動画ですね。
興味があればどうぞ

次は、どの動画にしましょうかね、2つ連続でイマイチだったので
そろそろいいのが有りそうなんですが・・・

うん、これ良さそうです。

「ミハイル・チフセントミハイ「フロー体験」」
本物のにおいがプンプンしますね~

何が本物かって”ミハイル”って名前ですよ!
こういう名前は本物って僕の中のリトル本田が言っています。

早速見てみましょうか

一般的に言われている”ゾーン”に限りなく近い説明がされています。
「フローとは、忘我の感覚、明晰な感覚」 などです。

この動画のダイジェストは、
「われわれがいつ幸せを感じているのかについて研究する中で、
フロー体験をした時に人は幸せを感じるという結果が出た」
という事なんですけど、

実際動画を見てもらった方がいいかな
まずは、何度かじっくり見てください。感想があればコメント欄にお願いします。

解説的なことは、次回お話したいと思います。
それではどうぞお楽しみください




【2014/12/10 09:00】 | 自由研究
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。