上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは、minです。

先日、日本代表監督だったアギーレ氏が解任され、
後任はどうなるのかネットやニュースでもとりあげられていますね。

そして昨日、前名古屋監督のストイコビッチ氏が
日本代表監督就任に前向きな姿勢を示したとの報道がありました。

ん~、誰が監督に就任するんでしょうね。
ピクシーが監督になったら、日本はどんなプレースタイルになるのか。
もしくは、どんな監督が今必要か。

このあたりの話は、太郎さんやTOWAさんが
熱ーく松岡修造さん並みに語ってくださるんじゃないかと期待しています。


で、私の方は本題に入ります。

お父さん、お母さんに質問です。
お子さんが所属するサッカーチームを決める時は
どうやって情報を集めましたか?
そして、何が決定打でそこに決めましたか?

これからサッカーチームを決めようと思っているかたは、
何が優先事項でしょうか。


サッカーをやるお子さんは、小学校や幼稚園時代からやっている子が多いですね。
地域でも、幼稚園児も対象のサッカースクールがありますし、
幼稚園と連携して、コーチを派遣して、幼稚園が終わった後
その園庭などでやってるスクールもありますね。

幼稚園で行っている場合ですと、
「運動好きだし、何か体が丈夫になることやらせたい。
ちょうど幼稚園が終わったあとにそこでやってくれるから
幼稚園のお友達もたくさんいるし何より送迎が楽」
ってかたが多いようです。

じゃ、幼稚園以外でやっていたり、小学生の場合はどうかというと、
ある程度比較しながら決めますよね。

友達が一緒だから?
そこのコーチが教え方が上手いって評判だから?
地域でそのチームが強豪だから?

それ以外にも月謝、送迎のしやすさなどなど。

月謝で言えば、少年団が安くてクラブチームは高め。
クラブチームなどは、上の学年になって全て揃えるようになると10万位かかる所もありますね。
逆に親の出番が多い傾向なのは少年団。
クラブチームは、当番制などもなくて親は楽。

中にはJリーグのクラブチームは、ピラミッド型の育成だし、
プロをめざすのならクラブチームの方が有利だからという親御さんもいらっしゃいました。

これについては、実際には、そのまま上に行ける子なんてほんの一握り、
後は外部からセレクションで入ってくるってパターンが多いので私的には疑問な所ではあります。

ともかく、色々な情報の中から、
ここだったらってチームを決めて入るわけですよね。

そして、お試しで練習に参加されたと思います。
で、今までの沢山の情報と子供が楽しかったかどうかでチームを決定。

こんな感じのかたが多いかと思います。


では、ここで考えてみてください。

あなたのお子さんがサッカーをやりたいのはどうしてですか?

たぶん、殆どのかたが、
「子供がサッカーが好きだから」
って答えると思います。

そうですよね。
子供に好きなサッカーをやらせてあげたいから、
色々調べてここだって思ったチームに入るんですよね。
サッカーが好きなのだったらそれをやって楽しんでほしいし
上手くなってほしいって思ってチームを決めますよね。

つまり、子供がサッカーを楽しめて、
子供の才能を伸ばす事ができるチームを探していますよね。



当たり前だ!!
っておっしゃると思います。

チームの監督さん達だって、
チームの子達に、楽しさを知ってほしい、上手くなって欲しいと思って指導されていらっしゃると思います。
熱意を持っていらっしゃるかたが大勢いる。

子供にも個性があるように、
監督、チームにも個性や特色がある。

だからこそ、沢山のチームの中から選ぶのですが、
私は、聞いた情報+お試しだけで決めるのはお勧めできません。

なぜか?
だって、お試しで来てくれた子には入ってほしいから、
監督はその子を重点的に見るでしょう。
名前だって呼ぶ。
アドバイスだって積極的にします。

「ここの監督、うちの子にまめに声をかけてアドバイスしてくれてる」

子供だって、声をかけてもらえれば嬉しいですし、
それが年齢が小さくなればなおさらです。

だから、
「どう、このチームは?」
「楽しかった~!!ここがいい!」

ってなるわけですよね。

この落とし穴はお試しだからこういう働きかけだったのか、
いつもそうなのか分からないという事。
普段とは違う場合は多々あります。

(指導を積極的にする方法とある程度子供に任せる方法、
どちらがいいかはまた別の機会にお話ししますね。)


じゃ、チームの特色ってどうやって見分ければいいの?

もちろん、普段の練習と試合でも当然特色がでていますよね。
でもプレー以外の面、チームの方針とかカラーがでやすいのは

実は、試合と試合の合間の休憩時間だと思っています。

これって、本当にわかりやすいです。
隠せないですしね。

公式戦などだと、1日でいくつも試合をこなしますし、
何チームも同じ場所にいたりするので、
比較しやすいんです。


休憩時間も怒鳴って激を飛ばし、
ずっとパス練習やシュート練習させているチーム。

子供がのびのびゆったりしていて、
on/offがはっきりわかるチーム。

子供の親がかいがいしく世話を焼いていて、
つきっきりのチーム。


監督と親、子供との関わり方などがわかりやすい例ではないでしょうか。
あと、試合中、休憩中の子供達の表情もチェック。

これらはチームを決める際、判断材料の一つとしても
面白いんじゃないでしょうか。

是非一度みてみてくださいね。
スポンサーサイト

【2015/02/05 10:51】 | 未分類
【タグ】 サッカー  アギーレ  ストイコビッチ  子供の才能  サッカーチーム  お試し  
トラックバック(0) |
こんにちは、minです。
太郎さんとTOWAさんが色々面白い事を調べてくれていますので、
私は別の角度からぶった切っていこうかなと思っています。

このブログを見ているかたは、
お子さんのために
色々サッカーの研究をされていらっしゃる親御さんも多いと思います。
もしくは、自分自身がサッカーをやっていて、
それでここに辿り着いたかたもいらっしゃると思います。

では、ここで質問です。

あなた(またはお子さん)がわくわくするサッカーって
どんなサッカーですか?



わくわくするサッカー=自分がやってみたいサッカー
ともいえますね。

実は、人ってわくわくしながらやっている時が一番パワーがでるんですよね。
勉強にしたって、他の物にしたって、そうですよね。
嫌々やっているものってなかなか身につかない。

でも、好きでやっているものって、
やっている時間も忘れるくらい一生懸命になれるし、
ちょっとしたつまづきも気にしない。
だって、やっているだけで楽しいんだもん。
だから壁があっても乗り越えちゃう。

わくわくするからやりたくてしょうがない。
自分がわくわくするサッカーを楽しみたいからこそ、
苦手な部分も練習するわけですよね。

この「わくわく」が実際にパワーがでることは、
簡単に体験してもらうことができちゃいます。
それはまたの機会に詳しく書きたいと思います。


じゃあ、わくわくしながら練習も試合もできて、
それで今持っているパワーが全開で出せたら凄いと思いませんか?

そして大事なのは、わくわくする事って、
人によって違うと言う事。
もしかして、親が思っている「わくわく」と、
お子さんが「わくわく」することは実は違っているかもしれませんよ。

そして、一度確かめてみてください。


あなた(またはお子さん)は、
わくわくしながら練習や試合をしていますか?








【2015/01/19 10:05】 | 未分類
【タグ】 サッカー  わくわく  育成  方法  
トラックバック(0) |
こんばんわ 太郎です。


年末も近づいてきましたが、皆さんいかがお過ごしですか?

「こんなブログ読んでるんだからヒマに決まってるだろ!」
そんなこと言わないで下さいな、
本当はヒマなクセして、忙しそうなフリしてる人がほとんどですから

そもそも、「12月にヒマなの~?」 「残念!」みたいな、
”12月は忙しい感を出したい”感じが
昔から嫌で嫌でたまらないのは僕だけでしょうか?

12月になっても 今年の流行語大賞を取った”日本エレキテル連合”ばりに
「ヒマだ~ ヒマ ヒマ」感出しまくりの私が、
この時期になると思いだすのがこのCM キャンディーズ懐かしい・・・


幼少期に、年末年始流れていたこのCMがなぜか今でも忘れられません。

「お正月だからって、毎日おせち料理ばっかり・・・ カレー食いて~」
という、ほとんどの子供達と一部の大人たちの気持ちをガッチリ掴んだ
素晴らしいCMです。

ブログを読んでくれている人の中で、
「キャンディーズ懐かしい」って、同意してくれる人が
ほとんどいないのがわかった上で、このCMを出してきた理由は

「このブログってこのCMと同じじゃん」
思ったからです。

今”ゾーン”についていろいろと書いていますが、
ゾーンをテーマにしているのは、ある野望があるからで
その野望とは、
ゾーンにいつでも入る方法があれば最強じゃね?」
というものです。

その為にも、”ゾーンとは何ぞや”とか”ゾーンに入るのに必要なこと”
などについて、研究してるし、このブログで書き始めた訳です。

でもね、「”ゾーン”っておせちじゃね?」とふと気がついてしまいました・・・

1年でお正月しか食べられない”おせち料理”
1年に1度来るかどうかわからない”ゾーン”

”ゾーン”なんて、下手したら一生めぐり会えないかもしれない
だからこそ「いつでもどこでも”ゾーン”」が魅力的で破壊力抜群なんだけど

たましかでないけど、出たら美味しい(おせち)ものより
いつ食べても美味しいし食べ飽きない(カレー)もの

いきなり ”ゾーン”から始めたのは、馴染みにくかったかなと・・・
サッカーでの”カレー”に当たるものについて書いた方がいいんじゃね?」
その方が楽しく読んでいただけるかなと

それでは、お馴染みであり食べやすいテーマとは何ぞや?
と考えた時、まあいろいろと考えているんですけど

いま一つ思いついたのは、
サッカースクール鑑定団」 

サッカースクールに限らず、サッカーチームやサッカー教材などなど
いろいろなサッカー関連モノについて専門家軍団が鑑定しちゃいます。

サッカー業界、特に少年サッカーを取り巻く環境って複雑ですよね
いいモノ、悪いモノ入り混じって、かなりゴチャゴチャしています。
有名サッカー選手の名前が入っているから買ってみたら
本当に名前だけで、本人が一切出てこないものなんてあったりします。

数あるサッカーに関するものを”辛口鑑定官”がバッサリ鑑定します。

真実を、1つ1つの正体を暴いていくコーナー
「サッカースクール鑑定団」 いかかですか?

こんな感じで、いろいろなコーナーを作っていきたいと思っております。


このブログの目的は、
「世界に通用する選手を育成するために必要なことを発信すること」

現在困っていたり、悩んでいる人達のために役立つ事を発信していきたい
と思っています。

もっと皆さんに役立ててもらえる情報を行きたいと考えていますし
皆さんからも情報をお寄せいただけたら嬉しいです。

てなことで、2015年からはゴリゴリといきますので
お楽しみにしていて下さい。

【2014/12/20 14:35】 | 未分類
【タグ】 サッカー    カレー  何でも鑑定団  ゾーン  
トラックバック(0) |
「プロサッカー選手になるのなんて実は簡単でしょ」

いきなりショッキングなタイトルでこのブログを始めてしまいますが

最初の記事なので、ガツンとかましたろか!的な危ない系のテンションで
こんなタイトルにしたわけではなくて、至って普通のテンションでこの記事を
書いております。 はい。

つまり、本気でそう思っているんですよね、これが。

「プロサッカー選手なりたいの?」
「そんなの簡単じゃん!」
これくらいの軽~るい感じ

「自転車乗りたいの?」
「そんなの簡単じゃん!」
これと同じレベルです。

もっと言えば、プロサッカー選手にどうしたらなれるか?というレベルの
お話じゃなくもっと上のレベルでのお話なのです。

どれくらいのレベルの話かと言うと、

”世界に通用するトップ選手”つまりメッシやネイマール級の選手を
世の中に何人出していけるのか? ってレベルのお話です。

目指しているレベルが違うんです。
だから、プロサッカー選手になるのなんて”当たり前”っていてる訳。

つまり世界に通用するプロサッカー選手になる方法があって、
その方法を知っているって事なんです。

もちろん、その方法って巷で言われている方法とは違いますし、
まだほとんどの人が知らない方法ってことです。

繰り返しますが、

プロサッカー選手になるのなんて簡単なことなんです。

ここまで、読んで頂いた方がどんな感想を感じたのかはわかりませんが、

「アホか!死ねボケ」
「じゃあお前がなってみろ」
「知ってんなら教えろや」

まあ、どんな感想を感じて頂いてもいいのですけど、

でも、「うん、わかるわかるそうだよね!」
っていう人も確実にいるんですね。 
誰だと思いますか?

じらしても仕方ないので言っちゃいますけど、それは

”プロサッカー選手になれる方法を知っている人” です。

「当たり前じゃ!」 って声が聞こえますね~
わかります。わかります。

それでは、お聞きしますが

「サラリーマンになる方法を知っていますか?」
一応プロサッカー選手に合わせるために
「一流企業のサラリーマンになる方法を知っていますか?」
にしときましょうか。 どうですか?

この質問なら、大人から子供までかなりの人が答えること
出来ると思いませんか?
そして、その質問をされた時、
「うん、わかるわかる」なんて答えることって、
下手したらそこら辺の小学生とかでも言っちゃいそうですよね。

それはそれで世紀末的な感じがしないでもないですが、

とにかく、なりたいモノになれる確実な方法を知っている人に
とっては、「あれしたら確実になれますよね?」なんて聞かれたら
「そうそう、あれしたら確実だよね!」
って当然のように答えるって思うんですよね。

要は、そういうことなんです。

その方法を知っているから、
「プロサッカー選手になるのは簡単だ!」と声を大きくして
世界の中心に向かって叫んでいるのです。

そして、「そんな方法があるならぜひ知りたい」という方に
知ってもらいたくてこのブログを始めます。

次回から具体的にはじめていきます。
よろしくお願いします。

【2014/11/22 20:32】 | 未分類
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。